ライザップグループ 2019年3月期第一四半期決算 決算説明会資料をもとに解説します!

2018年8月13日(月)の15時30分、

ライザップが2019年3月期第一四半期(1Q)決算発表を行いました。

主な内容は下記の通り。

決算数値

(単位:億円)

項目    2018年1Q     2019年1Q     増減

売上      286     521   +235

営業損益      27      ▲37   ▲64

税前利益      25      ▲40   ▲65

純利益       24      ▲33   ▲58

えっ!?赤字!?ウソやん!

最初に見たときには目を疑いました。

もともとライザップは上期に投資をして、

下期に回収するビジネスですが、

ここまで強烈な赤字になるとは…。

ただ、数字の中身は説明をしてもらえないと

詳しくは分かりませんので、

説明会資料を熟読してみました。

主なポイントは下記の通り。

第一四半期決算のポイント

1.赤字になったのは1Qに広告費などの先行投資(40億円)がかさんだため

①マーケティング費用             +19億円

広告宣伝費や販売促進費などの売上高を拡大するための経費が

多額に発生しました。

②新規出店・事業拡大に伴う費用        +10億円

大規模な新規出店により、出店費・開業費さらには人の採用費用等が

発生しました。

③その他先行投資・構造改革費用等       +11億円

この点は特に言及無し。

2.2Q以降は過去最高益を連続で更新する見込み

要するに会社は、今回の1Q決算は先行投資の影響で落ち込むことは想定通りであり、

2Q以降は最高益を更新し続けるから心配するな、

とのことなのでしょう。

確かに4~6月はボディメイク事業のCMが非常に多かったです。

佐藤仁美さん、梅沢富美男さん、ダレノガレ明美さんなどなど。

広告費は多く発生すると思っていました。

この広告費の効果はボディメイクへの問い合わせが、

前年同期比164%となったという形で表れています。

それらの結果として、売上高が前年同期比82.1%増加

となったのは、企業としての成長を目に見えるように

示してくれたと考えられます。

ボディメイク事業は一度取り組んで固定的なお客として

つかむことができれば、お客同志の口コミなどを通じて、

安定的に収益貢献してくれることでしょう。

まとめ

2Q以降の業績がどうなっていくのか、本当に楽しみです。

ただ、決算の数値自体は、決算の中身をよく見ていない人に

とってはインパクトが大きいと思われます。

明日以降の株価はしばらく調整するかもしれません。

わたしは2Q以降の大化けを信じて

これからもライザップを応援していこうと思います。

ライザップに興味のある方はこちらの記事もどうぞ。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする