株主優待銘柄分析 吉野家ホールディングス

本日は吉野家ホールディングスを分析していきます。

特に冬の「牛すき鍋膳」を楽しみにずっと持ち続けている思い入れのある銘柄です。

銘柄:吉野家ホールディングス(証券番号:9861)

株価:1,889円(1/12)

銘柄情報

・指標等

予想EPS=34.10円  予想PER=55.40倍

BPS=885.86円        PBR=2.13倍

株主資本比率=49.4%

・株主優待

吉野家は1枚300円の食事券の綴りをもらえます。

権利確定は2月末(発送時期は5月)と8月末(発送時期は11月)です。

金額は下記の通り、株数によって変動します。

100株       10枚(年間2回 300円×10枚×2回=  6,000円分)

1000株    20枚(年間2回 300円×20枚×2回=12,000円分)

2000株以上  40枚(年間2回 300円×40枚×2回=24,000円分)

・利回り

配当利回り=1.06%

優待利回り=3.17% ※最も効率の良い100株を前提

総合利回り=4.23%

・業績推移

(単位:百万円)

各指標        前期     2期前    3期前

売上高       188,623    185,738   180,032

営業利益        1,865     1,613       3,515

経常利益        2,750     2,345       3,993

当期利益          1,248        837        941

(1株当たり利益    19.35円      13.10円   16.24円)

総資産       114,947    111,292   108,658

純資産         56,745     57,493     58,336

有利子負債       31,487     28,116     21,980

ROA            1.10%      0.76%     0.92%

ROE            2.18%        1.45%     1.86%

・まんぷくのまとめ

吉野家はずっと前からお世話になっている銘柄です。

狂牛病問題などで叩かれたことはありましたが、安定的に稼いでおり、指標的には厳しいところもありますが、安心して持っていることができます。

毎年6,000円分の優待をもらって食事を楽しませてもらっています。

もちろん吉野家でも使えますが、京樽(寿司)やステーキのどん(ステーキ・ハンバーグ)などでも使うことができますので、飽きることがないんですよね。

総合的に考えて、まんぷくはこれからも「ガチホールド」の姿勢で臨みたいと思います。

株主優待で1年間外食する方法はこちら