【株主優待銘柄分析】テンアライド(サラリーマンのランチの味方です☆)

本日はテンアライドを分析していきます。

サラリーマンには馴染みの深い、居酒屋の「天狗」などを運営している会社です。

銘柄:テンアライド(証券番号:9861)

株価:478円(1/22)




銘柄情報

・指標等

予想EPS=3.54円  予想PER=135.03倍

BPS=199.76円        PBR=2.40倍

株主資本比率=52.7%

・株主優待

1枚500円の食事券をもらえます。

権利確定は3月末(発送時期は6月)と9月末(発送時期は12月)です。

金額は下記の通り、株数によって変動します。

長期優待制度はありません。

100株       2枚(年間2回 500円×2枚×2回=  2,000円分)

500株    10枚(年間2回 500円×10枚×2回=10,000円分)

1000株以上 20枚(年間2回 500円×20枚×2回=20,000円分)

・利回り

配当利回り=0.00%

優待利回り=2.09%

総合利回り=2.09%

・業績推移

(単位:百万円)

各指標        前期     2期前    3期前

売上高        15,559      15,521    15,498

営業利益          83          41      ▲109

経常利益            62          28      ▲105

当期利益          ▲285     ▲355   ▲1,568

(1株当たり利益   ▲11.00円    ▲13.69円  ▲60.42円)

総資産        9,441     10,284       9,843

純資産          4,979       5,189       5,257

有利子負債        1,026       1,511       1,453

ROA          ▲2.89%    ▲3.53%   ▲15.38%

ROE          ▲5.61%    ▲6.57%     ▲24.44%

・まんぷくのまとめ

テンアライドは少額で購入できたこともあって、以前からとてもお世話になっている銘柄です。

サラリーマンのランチには欠かせない銘柄ですね☆

ランチは500円台のメニューがとても充実しています。

味も良く、ご飯・お味噌汁のおかわり自由なので、よく利用しています。

優待は500円の金券なので、ランチ使用にぴったりです。

1000株保有だと、年間で40回ランチに行けますね!

ただ、経営的にはかなりの苦戦が続いています。過去3期はずっと赤字。。。

しかし、今期は当初から黒字転換が見込まれています。

さらに、2017/11/10に、業績予想が上方修正されました。

主な要因は、以下の2点です。

①セントラルキッチンの稼働状況の改善

②効率化による販売費及び一般管理費の減少

過去の業績をみると、かなり厳しい状況にはあると思います。

ですが、業績は回復傾向にあることと、何より魅力的なランチと株主優待を楽しむために、

まんぷくは「ホールド」の姿勢で臨みたいと思います。

株主優待で1年間外食する方法はこちら