株主優待銘柄分析 すかいらーく

今日から株主優待銘柄の分析をしていきます。

詳しくみていくなかで思いもよらない優良な株が見つかるかもしれませんね。

また、人によっても大事にしているポイントは違うと思いますので、ご参考になれば嬉しいです。

銘柄:すかいらーく(証券番号:3197)

株価:1,590円(1/12)

銘柄情報

・指標等

予想EPS=93.31円  予想PER=17.04倍

BPS=621.50円        PBR=2.56倍

株主資本比率=35.9%

・株主優待

株数及び時期によって変動します。

株 数     6月末    12月末

100株     3,000円     3,000円

300株     9,000円   11,000円

500株   15,000円   18,000円

1000株   33,000円   36,000円

・利回り

配当利回り=2.48%

優待利回り=4.34%

総合利回り=6.82%

・業績推移

(単位:百万円)

指標等        前期      2期前    3期前

売上高       354,513    351,146   340,002

営業利益       31,249     27,806    21,642

経常利益       28,952     24,717    16,767

当期利益       18,213     15,109    9,469

(1株当たり利益   92.80円      76.98円   49.47円)

総資産       318,317    314,864   312,155

純資産       114,198    103,212     93,691

有利子負債     131,807    140,699   149,347

ROA          5.75%      4.82%     3.06%

ROE         16.75%     15.35%    11.30%

・まんぷくのまとめ

すかいらーくは毎年利益率を高めており、それによって純資産を積み上げる一方で、有利子負債の削減も進んでおり、BS,PLともに良い傾向が出ています。

他方、株式の需給については、筆頭株主のファンドの売却がずっと懸念材料でした。

しかし、2017年11月に筆頭株主のファンドが全ての株式を売却しています。

これにより、株主優待や支払配当金が現行の通りに維持されるのか、が重要なポイントになっています。

なお、会社側は筆頭株主のファンドの株式売却後もこの点についてはコメントしていません。以前はすかいらーくのお店に行くと株主優待の広告が席に貼られていたのですが、最近は見かけなくなりました。

ただ、優待をいきなり廃止することはないと思うので、以前の水準に戻るのか、現行の3分の2になるのか、長期保有の縛りをもうけるのか。または現行制度を維持してくれるのか。

会社側の発表が待たれるところです。

まんぷくは会社を信じてホールドします!

株主優待で1年間外食する方法はこちら