【株主優待銘柄分析】三光マーケティングフーズ

本日は三光マーケティングフーズを分析していきます。

低価格居酒屋の「金の蔵」などを運営している会社です。




銘柄:三光マーケティングフーズ(証券番号:2762)

株価:999円(1/26)

銘柄情報

・指標等

予想EPS=▲6.95円

予想PER= ー 倍

BPS=515.33円

PBR=1.94倍

株主資本比率=72.7%



・株主優待

自社で使える1,000円のお食事券がもらえます。

権利確定は6月末(送付時期は9月)と12月末(送付時期は3月)です。

お食事券の枚数は下記の通り、株数によって変動します。

・100株

年間2回   1,000円券×3枚×2回=  6,000円

・200株

年間2回   1,000円券×6枚×2回= 12,000円

・500株以上

年間2回   1,000円券×12枚×2回=24,000円

100株と200株が同率で優待利回りが良いですね!

 ・利回り

配当利回り=1.60%

優待利回り=6.00% ※最も効率の良い100、200株を前提

総合利回り=7.60%

・業績推移

(単位:百万円)

各指標 前期 2期前 3期前
売上高 13,436 13,745 14,492
営業利益 23 268   ▲76
経常利益 42 324 14
当期利益    ▲298 294 ▲659
(1株利益) ▲20.73円 20.45円 ▲45.81円
総資産 10,675 11,328 11,551
純資産 7,760 8,286 11,738
有利子負債   –   8,277
ROA ▲2.71% 2.57% ▲5.39%
ROE ▲3.71% 3.56% ▲7.60%



・まんぷくのまとめ

三光マーケティングフーズはかつて焼き牛丼の『チカラめし』で、吉野家・すき家・松屋・の牛丼御三家に大勝負を仕掛けました。

しかし、派手に惨敗を喫し、チカラめしから撤退しました。

チカラめしは味は美味しかったものの、焼くための時間がかかるものだったので、牛丼のように「早い・うまい・安い」を全て満たしてはいませんでした。

忙しいサラリーマンにとっては、提供時間がかかることは致命的だったのかもしれません。

ただ、「金の蔵」や「月の雫」などの我々サラリーマンにとって魅力的な業態を抱えていることと、財務的には安定的であることから、まんぷくは「ホールド」の姿勢で臨みたいと思っています。

株主優待で1年間外食する方法はこちら