吉野家 残念決算

吉野家ホールディングス(9861)が2019年2月期第一四半期決算の発表を

行いました。

が・・・この内容が非常に悪く。。。

経常損益が4400万円の赤字に転落しました。

昨年が8億3700万円の黒字でしたので、その苦戦ぶりが

伝わってきます。

主な要因は人件費の高騰などによるものです。

この要因から考えると、簡単に解決できる問題ではないので、

しばらく苦戦が続くように思われます。

また、外食産業全般において株価が下がってきています。

人件費の高騰は吉野家に限った話ではないので、

影響が広く深く広がっていくように思います。

私の保有銘柄は大半が飲食業のため、

かなりの深手を負っております。。。

しばらくは気絶投資の姿勢で臨みたいと思っています。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする