クレジットカードのメリットとデメリットまとめ【現金派とクレジットカード派で話し合ってみた】

まんぷくです。こんばんは。

毎日寒いですねー。

突然ですが、皆さんはクレジットカードはお持ちですか?

私は今は持っていますが、何年か前までは持っていませんでした。

具体的な理由は特になかったのですが、何となく怪しそうだったんですよね(笑)。

今となっては必需品となっていて、現金払いしていたのが本当にもったいないなぁ。

先輩で現金派の人がいるのですが、居酒屋で「現金」と「クレジットカード」ではどちらが良いか激論をしました。(なんでこんなに盛り上がったのかは忘れました…。)

そのときに話したことが面白かったので、まとめてみます。




1.クレジットカードのメリット

①使った金額によってポイントがもらえる

クレジットカードでは使うことによって、ポイントをもらえることができます。

もらえるポイントはカードによりますが、だいたいは購入額の0.5%、良いものでは1.0%くらいです。

年間で仮に200万円支払いがあるとしたら、1.0%のカードなら、2万円分のポイントをもらえます。

ということは、現金で支払うよりも2万円多く貯金ができるよね~!

【先輩】

「ポイントなんてもらっても使えるもの全然なくて、お皿とかに替えるしかないんじゃん?」

【まんぷく】

「それはどのクレジットカードを選択するかによりますよ。確実にポイントを活かすなら、Tポイントを得られるものだったら良いですよね?」

【先輩】

「俺もTポイント貯めてる!Tポイントは欲しいな。ファミマとかで買い物ですぐに使えるもんね。」



②特定のお店で現金よりも安くなることや大きなポイントがつくことがある

クレジットカードだと特定のお店で割引を受けられたり、現金よりもポイントを多くもらえることがあります。

<割引>

ウォルマートカード(西友などで常時3%off)

イオンカード(20・30日 5%off)

セブンカード(ハッピーデーで5%off)

<ポイント>

楽天(クレジットカードなら2%追加)

ビューカード(電車関係の支払なら1.5%もらえる)

【まんぷく】

「クレジットカードなら現金で買うよりも安くなることがありますよ。例えば、先輩がいつも行っている西友なら、常時3%offになりますよ。」

【先輩】

「マジで!?割引になっている弁当とかでも!?」

【まんぷく】

「割引になっている弁当でも割引後の金額から3%offになりますよ。」

【先輩】

「マジか~!いつも20%offで買っている○○弁当が更にオトクになるのか~。」

【まんぷく】

「先輩、肉ばっかり食べてないで、たまには野菜も食べてくださいよー。」

③小銭がお財布の中でジャラジャラしなくて済む(支払がスムーズにできる)

現金で払おうとすると毎回お金を数える必要があり、現金を受け取ったお店の人も現金を数える手間がかかります。お互いに面倒じゃないですか?

クレジットカードだったら、暗証番号を入れるか名前を書くだけで終わりです。

支払がササっと終わるのでスマートですよね~ 😀

【まんぷく】

「先輩、いちいち現金数えて支払うの面倒くさくないですか?それにデートのときや後輩と食事に行っておごったときに、小銭ジャラジャラしてるとカッコ悪いですよー」

【先輩】

「お金数えるのなんて気にならないよ。ただお釣りが多いと財布がパンパンになっちゃうのは困ってるんだよねー。家に帰ってから小銭を貯金箱に移してる(笑)。

支払いがバタバタするのもちょっとカッコ悪いけど、しょうがないよね」

③その他

クレジットカードには海外旅行の保険や買い物の補償(盗難のときなど)がついたりするものがあります。

突然の事故に遭ったときや病気になったときには心強い味方になってくれそうです。

【まんぷく】

「先輩、クレジットカードを持っていると、海外で病気やケガしたときに保険的に使えるものがあって便利なんですよ。また、物が盗難にあったときとかに保障してもらえることもあるみたいですし、安心ですよ。」

【先輩】

「そもそも海外なんて行かないからその機能は必要ねぇな。盗難だってそうそう起きるものじゃないし、あんまり考えなくていいんじゃね?」

【まんぷく】

「・・・(この辺はあまり響かないみたいだな)。」

2.現金のメリット

①資金管理がしやすい

現金のメリットとしては、資金管理がしやすいということがあります。毎月決まった金額を現金でおろして持っておくので、残りの金額の把握がしやすいです。

【先輩】

「現金で管理していると、財布をみれば、あといくら使えるかすぐにわかるよね。クレジットカードだとタイミングがずれるから管理しづらくない?」

【まんぷく】

「確かに財布をみても残高は全然わからないですね。でもクレジットカードの使用明細は当月でも見れます。長い目で見れば預金通帳で管理できますよ。」

【先輩】

「俺は毎週いくらつかうかを毎月決めていて、その金額を超えたら絶対買い物しないようにしてる。週末になるとカップラーメンばっかり食べてるぜ!」

【まんぷく】

「先輩、それって必要なものを買わずに、無理やり先延ばししているだけじゃないですか…。」

②余計な買い物をしづらい

現金のメリットとしては、資金管理がしやすいということがあります。自分が持っている金額の範囲でしか買い物ができないので、お金が足りなくなるということは起きにくいですね。

【先輩】

「現金で買い物していると、自分の持っている金額よりでかい買い物をすることができないから、変な借金とかの心配しなくていいんだよな。」

【まんぷく】

「それは確かにそうですね。先輩みたいに浪費するクセがあると怖いですよねー。そういえば、新しいバイク買ってましたよね?」

【先輩】

「そうそう。すげー気に入ってるんだよ!親戚からたくさん借金して買った甲斐があったよ~!」

【まんぷく】

「先輩、現金派なのに借金しちゃってますけど…。」

【先輩】

「・・・。まあ、たまにはパーっとやらないとね!」

こんな感じでした(笑)。

まとめ

最終的に、Tポイントが貯まるクレジットカードを作って、必要なものしか買わないということが先輩にとってベストチョイスだということになりました。

先輩に限らず、余計な買い物をせずに必要なものだけを買うことができれば、クレジットカードの方が有利だと思います。

現金派の人はクレジットカードを活用することを検討してみても良いかもしれません。

ご自分のライフスタイルに合ったクレジットカードを検討してみてくださいね!